calendar
<< April 2017 >>
SunMonTueWedThuFriSat
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30
archives
201701 (1) 201612 (1) 201610 (1) 201609 (1) 201608 (1) 201607 (1) 201606 (1) 201605 (4) 201604 (5) 201603 (10) 201602 (4) 201601 (7) 201512 (3) 201511 (13) 201510 (13) 201509 (17) 201508 (18) 201507 (22) 201506 (20) 201505 (23) 201504 (27) 201503 (31) 201502 (24) 201501 (28) 201412 (22) 201411 (19) 201410 (19) 201409 (19) 201408 (22) 201407 (21) 201406 (23) 201405 (24) 201404 (21) 201403 (29) 201402 (29) 201401 (29) 201312 (27) 201311 (30) 201310 (26) 201309 (27) 201308 (27) 201307 (27) 201306 (27) 201305 (25) 201304 (29) 201303 (28) 201302 (22) 201301 (23) 201212 (21) 201211 (23) 201210 (23) 201209 (26) 201208 (24) 201207 (23) 201206 (22) 201205 (23) 201204 (26) 201203 (28) 201202 (26) 201201 (28) 201112 (27) 201111 (27) 201110 (31) 201109 (29) 201108 (31) 201107 (31) 201106 (29) 201105 (32) 201104 (26) 201103 (34) 201102 (30) 201101 (30) 201012 (30) 201011 (30) 201010 (33) 201009 (30) 201008 (32) 201007 (33) 201006 (34) 201005 (35) 201004 (35) 201003 (32) 201002 (31) 201001 (34) 200912 (36) 200911 (35) 200910 (33) 200909 (32) 200908 (34) 200907 (40) 200906 (32) 200905 (34) 200904 (31) 200903 (33) 200902 (30) 200901 (30) 200812 (34) 200811 (33) 200810 (38) 200809 (36) 200808 (36) 200807 (39) 200806 (24) 200805 (20) 200804 (23) 200803 (31) 200802 (19) 200801 (1)
tags
いろいろ (1163) フムフム (327) 個展情報 (268) これ凄い! (224) シザーケース (75) シザーケース情報 (70) odoribaメンバー情報 (61) 好き (56) 音楽 (48) 展示会情報 (43) お友達情報 (42) シザーケース新作情報! (40) 職人 (38) イベント情報 (35) アート (35) 欲しい (31) BAG (20) シザーケース情報! (19) maroチャリティー (18) 道具 (15) odoriba職人の技 (14) アトリエ (13) (8) 新作 (8) 冬眠シリーズ (7) お客様画像 (6) ことば (5) 面白い (3) テレビ (3) 見てしまいました! (2) 数字 (2) 。シザーケース情報! (1) アシスタントケース (1) (1) 図解哲学 (1) 個展情報1 (1)
others
admin
search this site.

屋形船

日曜日、爆弾低気圧の強風のなごりの中屋形船に乗りました数年ぶりの屋形でしたが、テーブル席に豪華料理クルージングという感じでビックリでした。
荒川の増水で隅田川に入る水門を通れないということで、バスで晴海まで行き乗船、勝どき橋をながめながらお台場までという短いコースになりましたが満足でした。予定ではスカイツリーを眺めながらのお花見だったのですがね。
011.JPG
勝どき橋

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

0,1mmの新聞紙を折ったときの厚さ

新聞紙を 37回 折ると、その厚さが、地球の直径を超えます。たったの37回です。

この記事では、新聞紙を折っていくと、その厚さが何を超えていくのかを明らかにします。最終的に、宇宙の大きさを超えるところまで記載します。
さて、現実的に考えると、地球の直径を超えるくらいの新聞紙の量だと、新聞紙自身の圧力で、地球の核やマグマのように燃え始めたりしそうですが、この記事では物理的な解釈は考慮しません。新聞紙の厚さを 0.1mm とし、一回折るごとに厚さは単純に倍になるとします。即ち、折った回数を n とすれば、厚さは、0.1×2n [mm] で得られるものとします。下表に折った回数、厚さ、その厚さは何を超えているかを示します。

この数字をみると
今年入社の美容師さんもたくさんいると思いますがスタートの差は関係なくて
成長するための方程式の方が大事だと感じます。

回数 厚さ 何を超えるか
1回 0.2 mm
2回 0.4 mm
3回 0.8 mm
4回 1.6 mm 1 mm
5回 3.2 mm
6回 6.4 mm
7回 12.8 mm 1 cm
8回 25.6 mm
9回 51.2 mm
10回 102.4 mm 10 cm
11回 204.8 mm
12回 409.6 mm
13回 819.2 mm
14回 1638.4 mm 1 m
15回 3276.8 mm
16回 6553.6 mm
17回 13107.2 mm 10 m
18回 26214.4 mm
19回 52428.8 mm
20回 104857.6 mm 100 m
21回 209715.2 mm ギザの大ピラミッド(138.74 m)
22回 419430.4 mm
23回 838860.8 mm 東京スカイツリー(634 m)
24回 1677721.6 mm 1 km
25回 3355443.2 mm
26回 6710886.4 mm 富士山(3,776.24 m)
27回 13421772.8 mm 10 km / エベレスト(8,848 m)
28回 26843545.6 mm 火星のオリンポス山(太陽系一高い山)(約27,000 m)
29回 53687091.2 mm
30回 107374182.4 mm 100 km
31回 214748364.8 mm
32回 429496729.6 mm
33回 858993459.2 mm
34回 1717986918.4 mm 1,000 km
35回 3435973836.8 mm
36回 6871947673.6 mm 月の直径(3,474.3 km) / 水星の直径(4,879.4 km)
37回 13743895347.2 mm 10,000 km / 地球の直径(12,756.274 km)
38回 27487790694.4 mm
39回 54975581388.8 mm
40回 109951162777.6 mm 100,000 km
41回 219902325555.2 mm 木星の直径(太陽系最大の惑星)(142,984 km)
42回 439804651110.4 mm 1光秒(299,792.458 km)
地球中心から月の中心までの平均距離(384,403 km)
43回 879609302220.8 mm
44回 1759218604441.6 mm 1,000,000 km / 太陽の直径(1,392,000 km)
45回 3518437208883.2 mm
46回 7036874417766.4 mm
47回 14073748835532.8 mm 10,000,000 km
48回 28147497671065.6 mm
49回 56294995342131.2 mm
50回 112589990684262.4 mm 100,000,000 km
51回 225179981368524.8 mm 1 天文単位(太陽から地球までの平均距離)(1.495 978 707 00(3)×1011 m)
52回 450359962737049.6 mm
53回 900719925474099.2 mm
54回 1801439850948198.4 mm 1,000,000,000 km
55回 3602879701896396.8 mm
56回 7205759403792793.6 mm
57回 14411518807585587.2 mm 10,000,000,000 km
58回 28823037615171174.4 mm 地球とボイジャー1号との距離(2010年12月13日現在)(約170億 km)
59回 57646075230342348.8 mm
60回 115292150460684697.6 mm 100,000,000,000 km
61回 230584300921369395.2 mm
62回 461168601842738790.4 mm
63回 922337203685477580.8 mm
64回 1844674407370955161.6 mm 1,000,000,000,000 km
65回 3689348814741910323.2 mm
66回 7378697629483820646.4 mm
67回 14757395258967641292.8 mm 10,000,000,000,000 km
1光年(9.460730472580800×1015 m)
オールトの雲の外側の半径(1.58光年)
68回 29514790517935282585.6 mm
69回 59029581035870565171.2 mm
70回 118059162071741130342.4 mm 100,000,000,000,000 km
71回 236118324143482260684.8 mm
72回 472236648286964521369.6 mm
73回 944473296573929042739.2 mm
74回 1888946593147858085478.4 mm 1,000,000,000,000,000 km
75回 3777893186295716170956.8 mm
76回 7555786372591432341913.6 mm
77回 15111572745182864683827.2 mm 10,000,000,000,000,000 km
78回 30223145490365729367654.4 mm
79回 60446290980731458735308.8 mm
80回 120892581961462917470617.6 mm 100,000,000,000,000,000 km
81回 241785163922925834941235.2 mm
82回 483570327845851669882470.4 mm
83回 967140655691703339764940.8 mm 天の川銀河のディスクの直径(約8万 - 10万光年)
84回 1934281311383406679529881.6 mm 1,000,000,000,000,000,000 km
85回 3868562622766813359059763.2 mm
86回 7737125245533626718119526.4 mm
87回 15474250491067253436239052.8 mm 10,000,000,000,000,000,000 km
88回 30948500982134506872478105.6 mm アンドロメダ銀河までの距離(230万光年)
89回 61897001964269013744956211.2 mm
90回 123794003928538027489912422.4 mm 100,000,000,000,000,000,000 km
91回 247588007857076054979824844.8 mm
92回 495176015714152109959649689.6 mm
93回 990352031428304219919299379.2 mm
94回 1980704062856608439838598758.4 mm 1,000,000,000,000,000,000,000 km
95回 3961408125713216879677197516.8 mm
96回 7922816251426433759354395033.6 mm グレートウォールの長さ(宇宙最大の構造)(約5億光年)
97回 15845632502852867518708790067.2 mm 10,000,000,000,000,000,000,000 km
98回 31691265005705735037417580134.4 mm
99回 63382530011411470074835160268.8 mm
100回 126765060022822940149670320537.6 mm 100,000,000,000,000,000,000,000 km
101回 253530120045645880299340641075.2 mm 宇宙の年齢に光速を掛けた距離(137.2 ± 1.2億光年)
102回 507060240091291760598681282150.4 mm

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

デザインフェスタ

デザインフエスタ   VOL.37
2013.5.18~19 11:00~19:00
出店きまりました。
F-35.F36です。
 
遊びに来てくださいね。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

イベント情報 高円寺・相模大野・野毛

今年の第5回高円寺びっくり大道芸の開催、アート楽市は
4月27日(土)、28日(日)の2日間です

    ::::::::::




第39回 野毛大道芸
2013年4月 27.28日開催決定。 

     :::::::::



相模大野クラフト市
2013年4月28日(日)11:00〜17:00
予備日 4月29日(月・祝)(両日雨天の場合中止)
【場所】 相模大野駅前【コリドー会場】【駅ビル会場】【デッキ会場】

     ::::::::::

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

コカ・コーラが企画したお互いの距離をギュッと縮めるユニークなベンチ



体が触れ合う瞬間はみんな笑顔で素敵!

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

「花粉症の人は恋をする」:そのメカニズムを解明

「花粉症を発症した人は恋人ができる確率が高まる」との調査結果を裏づける変化が起きていることが発見された。花粉症患者の体内では何が起きているのだろうか。そして花粉症と恋の因果関係とは? 何と被験者の鼻腔には、フェロモン受容体をもつ細胞が生じているという。

ba3d655f_o.jpg

2009年、オランダ・ハーグの環境リサーチシンクタンクが日本で行った花粉症の実態調査から「花粉症を発症した人は恋人ができる確率が高まる」との調査結果を公表したことで世間を驚かせたのは記憶に新しいが、今度はイスラエルの研究グループが、花粉症患者の体内で、これらの調査結果を裏づける驚くべき変化が起きていることを発見した。

2009年の調査結果では、花粉症の発症期間中に新たに恋人や愛人ができる割合が高いのは、花粉症が引き起こす慢性的な鼻づまりが血中の酸素濃度を低下させ、頭がぼんやりとしてしまうことで異性に対するコミュニケーションのハードルが下がり、意識せぬうちに親密な関係になってしまうのが原因ではないか、という仮説が立てられていた。しかし、今回の研究で花粉症を発症している125人の体内を精密に検査したことからわかったのは、約2割の被験者の鼻腔に、ある特別な機能が生まれ始めている、という驚くべき事実だった。それは、花粉症によってフェロモンを受容する器官が生み出されているという事実だ。

フェロモンが多くの動物の求愛行動と深く関係していることは、古くから知られている。ヒトも例外ではなく、フェロモンの存在を示唆する実験結果がいくつも報告されていた。その一方でイヌやウマ、ネズミなどほとんどの哺乳類には、フェロモンを受け取る器官が鼻腔内に備わっているが、ヒトを含む霊長類にはこうした器官が存在しないと考えられていた。しかし今回、イスラエル・ディアスポラ医学研究所のザハ・ザハディ教授らは、花粉症を発症した日本人被験者の鼻腔には、フェロモン受容体をもつ細胞が生じていることを明らかにした。ザハディ教授は語る。

「実に驚くべき結果です。長年花粉症に悩まされてきた日本人が、この自然による『公害』とも言える環境に適応し始めているという証拠となるものだと思います。通常、花粉が引き起こすアレルギー反応は、鼻水や鼻づまり、目のかゆみといった不快な症状をもたらすのみです。しかし長年花粉症に対応してきた、わたしたちが呼ぶところの『ヴェテラン』たちは、花粉症を自分たちの生存に利用するメカニズムを体内に生み出しつつあるのです」

ザハディ教授らの研究では、花粉症が引き起こす慢性的な鼻粘膜の炎症により、一部の細胞がフェロモン受容体をつくり出すようになることを解明した。彼らの実験結果は、花粉に含まれるある種の化学物質と体内で産生されるロイコトリエンがその引き金となっていることを示している。ほかのアレルギーではなく、花粉症だけでこのようなフェロモン応答が見られるようになるのは、花粉そのものが引き金の一因となっているからだ。

こうした現象はヒトだけに見られるわけではない。アルゼンチン・コルドバ農業大学の研究によれば、ゴリラやチンパンジー、コウモリといった動物の鼻でも、花粉症によってフェロモンを受容する機能が生み出されているというのだ。エルネスト・デ・ラ・セルナ教授は次のように語る。

「例えばコウモリの場合、極端な猛暑といった、環境にドラスティックな変化が起こり、花粉の飛散量が非常に多くなったときに、フェロモンシステムが働くようになることが明らかになっています。花粉症は、一見すると不快なだけで、生物に致命的な作用を及ぼすようなものには思えないかもしれません。しかし、それが毎年毎年蓄積していくことで種全体に影響を及ぼしてしまっていることが、この検査結果から逆にわかったということにもなるでしょう。つまり、花粉はさまざまな生物種にとって適応を促すに足る脅威である、ということです」

この調査結果をどのように受け止めるかは、さまざまな議論がありそうだが、ザハディ教授はこう釘をさす。

「適応しているんだからいいじゃないか、恋人ができるんだからいいじゃないか、という話になってしまうことをわたしは恐れています。花粉症の人にとって、花粉は仕事や日常生活にさえさしさわる極度のストレスをもたらしていることを忘れてはなりません。恋人ができやすいとは言っても、多くの場合、本人はそれどころではないということのほうがむしろ普通なのです。よく言われているように、花粉症はある部分人災でもありますので、このような事態を招いたことに対して、国や自治体が相応の対策を講じることがないがしろにされてはなりません」

今回解明されたメカニズムは、気になる異性の前で鼻をかみつづけなければならないような花粉症の人が、その恋愛面の不利を補うためのシステムと考えることができるのかもしれない。ちなみにこのフェロモン受容細胞は、花粉症の季節が終わると速やかに消失するため、「恋の季節」はごく限られたものだという。加えて、フェロモン受容細胞産生の効果がより強く出るのはヒノキやスギで、最も強いのはブタクサなのだそうだ。

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

iPhone Trick Cover



作ってる本人が一番楽しそうでいいね♪

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

つくし

今朝、歩道の植え込みにつくしを見つけました。
ちょと感動でした。
DSC_0242.jpg

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

おかしなアイスキャンディー チュッパチャプス



4月18日発売
チョッと欲しい

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する

本日のイベント 池袋

LOOP ライフ フエスタに行ってきました。


037.JPG



030.JPG

comments(0) , trackbacks(0), この記事を編集する


1 | 2 | 3 | 4 | 5 | 6 | 7 | 8 | 9 | 10 | 11 | 12 | 13 | 14 | 15 | 16 | 17 | 18 | 19 | 20 | 21 | 22 | 23 | 24 | 25 | 26 | 27 | 28 | 29 | 30 | 31 | 32 | 33 | 34 | 35 | 36 | 37 | 38 | 39 | 40 | 41 | 42 | 43 | 44 | 45 | 46 | 47 | 48 | 49 | 50 | 51 | 52 | 53 | 54 | 55 | 56 | 57 | 58 | 59 | 60 | 61 | 62 | 63 | 64 | 65 | 66 | 67 | 68 | 69 | 70 | 71 | 72 | 73 | 74 | 75 | 76 | 77 | 78 | 79 | 80 | 81 | 82 | 83 | 84 | 85 | 86 | 87 | 88 | 89 | 90 | 91 | 92 | 93 | 94 | 95 | 96 | 97 | 98 | 99 | 100 | 101 | 102 | 103 | 104 | 105 | 106 | 107 | 108 | 109 | 110 | 111 | 112 | 113 | 114 | 115 | 116 | 117 | 118 | 119 | 120 | 121 | 122 | 123 | 124 | 125 | 126 | 127 | 128 | 129 | 130 | 131 | 132 | 133 | 134 | 135 | 136 | 137 | 138 | 139 | 140 | 141 | 142 | 143 | 144 | 145 | 146 | 147 | 148 | 149 | 150 | 151 | 152 | 153 | 154 | 155 | 156 | 157 | 158 | 159 | 160 | 161 | 162 | 163 | 164 | 165 | 166 | 167 | 168 | 169 | 170 | 171 | 172 | 173 | 174 | 175 | 176 | 177 | 178 | 179 | 180 | 181 | 182 | 183 | 184 | 185 | 186 | 187 | 188 | 189 | 190 | 191 | 192 | 193 | 194 | 195 | 196 | 197 | 198 | 199 | 200 | 201 | 202 | 203 | 204 | 205 | 206 | 207 | 208 | 209 | 210 | 211 | 212 | 213 | 214 | 215 | 216 | 217 | 218 | 219 | 220 | 221 | 222 | 223 | 224 | 225 | 226 | 227 | 228 | 229 | 230 | 231 | 232 | 233 | 234 | 235 | 236 | 237 | 238 | 239 | 240 | 241 | 242 | 243 | 244 | 245 | 246 | 247 | 248 | 249 | 250 | 251 | 252 | 253 | 254 | 255 | 256 | 257 | 258 | 259 | 260 | 261 | 262 | 263 | 264 | 265